東京都港区麻布十番1-11-1 エスティメゾン麻布十番 3階 麻布十番駅すぐ

当院までの交通・地図はこちら

麻布医院

医療法人社団Veritas Medical Partners

がん肝炎治療の名医がいるクリニック

東京都肝臓専門医療機関、Billingual Clinic(English,Japanese)


ご予約:電話(自動音声応答)03-4530-0277

左記バーコードで携帯・Webからもご予約いただけます。http://azabu.atat.jp

お問い合わせ・自由診療の予約:03-5545-8177 休診日:木曜、日曜、祝日

トップページ > 腫瘍マーカー「がん検診」

腫瘍マーカードック

麻布医院の腫瘍マーカー「がん検診」がメディアで紹介されました。
ー網羅的な検査で早期発見も可能ー 腫瘍マーカー 血液検査でがん細胞が出す異常なタンパクを調べる:紹介記事を読む(PDF)

腫瘍マーカー「がん検診」とは

腫瘍マーカーは、採血と検尿でできる「がんの検診」です。体内に悪性腫瘍(がん)ができると、健康なときにはほとんど見られない特殊な物質が、血液中や尿中に出現してきます。この物質はがん細胞によって作られているため、腫瘍マーカーと呼ばれて、「がん」の目印として臨床検査で用いられています。

通常、検診で測定する腫瘍マーカーは数種類に限られていますが、当院の腫瘍マーカー「がん検診」では15種類以上の腫瘍マーカーを同時に測定し、その測定結果について詳しいコンサルテーションを行っています。また、腫瘍マーカーは画像診断を用いた「がん検診」とは異なり、数分の採血と検尿で検査は全て終わります。食事の制限、放射線の暴露、内視鏡のような苦痛もありません。以下の検査は、すべて採血と尿検査で行います。

腫瘍マーカー「がん検診」:標準検査項目

基本検査項目 男女共通 CEA 結腸がん・胃がん・膵がん・肺腺がん・甲状腺がん・生殖器がん・乳がん・肝内胆管がん・胆のうがん・胆道がん・膀胱がん・食道がん・大腸がん
AFP 肝細胞がん・ヨーサック腫瘍・肝炎・肝硬変・睾丸がん・胃がん
CA19-9 膵がん・胆のうがん・胆管がん・胃がん・大腸がん・肺がん・卵巣がん
DUPAN-2 膵ガン・胆道系のがん・肝がん
エスターゼ1 膵がん
シフラ(CYFRA) 肺小細胞がん・肺線がん・肺扁平上皮がん・乳がん・卵巣がん
NSE(神経特異エノラーゼ) 肺小細胞がん・神経芽細胞腫・甲状腺髄様がん
ProGRP 肺小細胞がん
SCC 肺の扁平上皮がん・子宮頸管部の扁平上皮がん・皮膚がん・食道がん・胃がん・外陰がん・膣扁平上皮がん
SLX(シアリルSSEA-1) 慢性リンパ性白血病・肺腺がんや膵臓腺がん・卵巣がん
TPA 胃がん・大腸がん・肝細胞がん・膵がん・乳がん・肺がん・生殖器がん・胃潰瘍・慢性肝炎・膀胱がん・食道がん・子宮内膜がん・子宮頸部がん
尿中NMP22 膀胱がん
抗p53抗体 食道がん・乳がん・大腸がん
男性 PSA 前立腺がん
γ-セミノプロテイン 前立腺がん
女性 CA125 卵巣がん・子宮内膜がん
CA15-3 乳がん

腫瘍マーカー「がん検診」:オプション検査項目

オプシ ョ ン検査項目 BFP 腎がん・睾丸がん
AFPレクチン分画 肝細胞がん・肝硬変
PIVKA-II 肝細胞がん
Span-1抗原 膵がん・肝細胞がん・胆道がん・肝内胆管がん・大腸がん・慢性膵炎
BCA225 乳がん
STN 食道がん・卵巣がん
GAT 卵巣がん
CA602 卵巣がん・子宮体がん・肝細胞がん・胆道がん・膵がん・子宮内膜症・腹膜炎・胸膜炎
CA546 卵巣がん(特にムチン性腺がん)・子宮頚がん・胃がん・胆道がん・膵がん
CA72-4 大腸がん・卵巣がん
NCC-ST-439 乳がん
PSA-F/T比 前立腺がん
PSA-ACT 前立腺がん
PAP 前立腺がん
TK活性 血液系の悪性腫瘍・ウイルス感染症
ICTP 転移性骨腫瘍(乳がん・前立腺がん・肺がん)
sIL-2R 造血器悪性腫瘍・ウイルス感染・リウマチ等

胃がんリスク検診

胃がんリスク検診とは、血清ペプシノーゲンとH.pylori抗体の有無を測定して、胃がんの高リスク病変である萎縮性胃炎患者とH.pylori感染者を割り出し、胃がんのリスクを明らかにして、そのリスクに応じて内視鏡検査の頻度を変える検査法です。

ペプシノーゲン検査の結果とH.pylori抗体価の組み合わせから、胃がんのリスクを次の4群に分けて、内視鏡検査を受ける頻度を推奨しています。

  • A群:H.pylori陰性でペプシノーゲン検査が正常(PGI/II比>3)の方。H.pylori感染が無く胃粘膜の萎縮がない状態です。胃がんの発生するリスクはほとんどありません。胃内視鏡は5年ごとに受けることが推奨されています。
  • B群:H.pylori陽性でペプシノーゲン検査が正常(PGI/II比>3)の方。H.pylori感染がありますが胃粘膜の萎縮が進んでいない状態です。胃がんの発生率は一年間で1,000人に1人です。胃内視鏡を3年ごとに受けることが推奨されています。
  • C群:H.pylori陽性でペプシノーゲン検査が陽性(PGI≦70かつPGI/II比≦3)の方。H.pylori感染があり胃粘膜の萎縮が進んでいる状態です。胃がんの発生率は一年間で400人に1人です。胃内視鏡を2年ごとに受けることが推奨されています。
  • D群:H.pylori陰性でペプシノーゲン検査が陽性(PGI≦70かつPGI/II比≦3)の方。この群は、胃粘膜の萎縮が進んでH.pyloriがすめなくなったためにH.pylori抗体価が陰転したグループで、最も胃がんのリスクが高い状態です。胃がんの発生率は一年間で80人に1人です。胃内視鏡を毎年受けることが推奨されています。

費用について

  • 腫瘍マーカー「がん検診」:32,400円
  • 腫瘍マーカー「オプション検査」1項目:3,240円
  • 胃がんリスク検診:7,560円

ご予約方法・お問い合わせ

腫瘍マーカ「がん検診」は、直通電話:03-5545-8177まで、お電話いただき、ご予約いただきますようお願いいたします。お問い合わせについても、お気軽にお電話ください。

診療時間

休診日:木曜、日曜、祝日

※当院ご受診の際、診察券をお持ちの方は窓口にご提示ください。
 なお、診察券の紛失等に伴う再発行につきましては、
 再発行手数料として、100円を徴収させていただいております。
※誠に申し訳ありませんが、当院では15歳以下のお子様の診察は行っておりません。
※診療の最終受付は、診療終了時間の10分前とさせていただきます。