東京都港区麻布十番1-11-1 エスティメゾン麻布十番 3階 麻布十番駅すぐ

当院までの交通・地図はこちら

麻布医院

医療法人社団Veritas Medical Partners

がん肝炎治療の名医がいるクリニック

東京都肝臓専門医療機関、Billingual Clinic(English,Japanese)


ご予約:電話(自動音声応答)03-4530-0277

左記バーコードで携帯・Webからもご予約いただけます。http://azabu.atat.jp

お問い合わせ・自由診療の予約:03-5545-8177 休診日:木曜、日曜、祝日

トップページ > がんセカンドオピニオン外来

がんセカンドオピニオン外来

癌との闘いは情報戦です。セカンドオピニオン外来では癌治療の最新情報を中心として、患者様に必要なあらゆる情報を提供し、納得できる闘病のお手伝いをしていきます。胃癌、大腸癌、肝癌、膵癌、胆管癌、膀胱癌、腎癌、前立腺癌、子宮癌、卵巣癌、乳癌等で治療法がないと宣言を受けた方、癌治療に不安や迷いをお持ちの方は是非ご相談ください。

 

セカンドオピニオンとは

「がん」の治療には、三大治療(手術、化学療法、放射線療法)があります。しかし、世界のグローバルスタンダード(標準治療)と呼ばれる治療が、保険制度の制約のため日本では受けられないことがあります。その代表が「未承認薬」と呼ばれる癌治療薬(特に分子標的薬)です。

また、高度先進医療として大学病院や国の中核的病院で行われている「癌免疫療法」も保険制度の制約を受けています。私たちの体の中でがんと闘うのは免疫です。癌免疫療法は、患者様自身の治癒能力を生かした副作用の少ない効果的な治療方法であり、手術・放射線・抗癌剤と上手に組み合わせる事により、それぞれの治療法の効果を最大限に発揮することが可能です。

セカンドオピニオンとは診断や治療方針について、より良い決断をするために、主治医以外の医師に意見を求めることを指します。主治医以外に、複数の専門家の意見を聞くことで、より適した治療法を患者様自身がお選びいただけるようになります。納得して治療法を選ぶことは、患者様の持つ基本的な権利です。同じ手術をするとしても、「どんなリスクがあるのか」「他にはどんな選択肢があるのか」を知った上で行うことは、非常に重要なことです。

当院の治療方針

医学の進歩は、過去において為す術のなかった病に治療の道を開き、末期癌の患者様でも「生きる可能性」という選択肢を選ぶ事ができるようになりました。当クリニックのセカンドオピニオン外来では、「治療法が無い」と宣言を受けた患者様の悩みにじっくりと耳を傾け、世界のグローバルスタンダードを取り入れた最良で最善の治療法と医学情報を提供し、患者様が「生きる可能性」を選択するお手伝いをします。今後の治療を安心して続けるためにも、そして、後悔しないためにも、セカンドオピニオンをご検討ください。

セカンドオピニオンを受けるまでの準備

セカンドオピニオンをお受けいただくには、まずは主治医に話して診療情報提供書(紹介状)を作成してもらう必要があります。これまでの治療経過や病状の推移を把握しないことには、適切な助言をさせていただくことが難しいからです。従って、主治医からの紹介状(診療情報提供書)診断の根拠となっている検査結果(病理標本・レントゲン写真・放射線画像フィルム・検査データなど)が必要となります。

また、セカンドオピニオンを十分ご活用いただくため、相談日までに、疑問に思うこと・質問の内容などをまとめておくことをおすすめいたします。

  • ご自身の病気について一般的な情報を集めておく

    経験者のお話や本・インターネットなどで、ご自身の病気に関して情報を集めることは大切なことです。 しかし、そういった媒体の情報を鵜呑みにしないことも重要です。判断が難しい場合やわからないことは、何でもご相談ください。

  • ご自身の病気の経過と質問内容をまとめておく

    これまでの主治医からお聞きいただいたお話を、自分なりにまとめておくと、相談するとき役立ちます。

セカンドオピニオンの料金

30分 27,000円です。

セカンドオピニオン外来Q&A

※ご質問をクリックすると、回答がご覧いただけます。

セカンドオピニオン外来とはどのようなものですか?
セカンドオピニオン外来とは、病気の治療を受ける患者さんご自身がより良い決断をするために、専門的な知識を持った第三者に、治療法等について意見を求める外来です。たとえば、手術を受けるか、あるいは化学療法を受けるかを選択するかといった、きわめて専門的な知識を必要とする内容の意思決定や選択をする際に、主治医以外の専門家の意見を聞くのがセカンドオピニオン外来です。すなわち、セカンドオピニオン外来では、患者様は「診察」ではなく、「相談」を受けることになります。そして、検査や治療について、主治医以外の意見を聞きます。一方、セカンドオピニオン外来の担当医は患者様自身の悩みあるいは家族の悩みに耳を傾け、患者様のクオリティ・オブ・ライフ(QOL)も考慮して最善・最良の検査法や治療法をご提案いたします。
セカンドオピニオン外来が得意とする領域、扱わない領域はありますか?
特に扱わない領域はありません。しかし、是非知っておいていただきたいことは、セカンドオピニオンとは、単純に病院や医師をかえることではないと言うことです。すなわち、新たな主治医や病院を紹介することは、セカンドオピニオン外来の本来の目的では無いと言うことです。もちろん、病気の種類や治療の内容によっては、現在かかっている病院で受けられない検査法や治療法があります。その場合は他の医療機関や医師を紹介します。しかし、セカンドオピニオン外来の役割は、現在受けている検査や治療が適切であるか、否かについて、第三者の意見を得ることであり、病院の紹介や新たな主治医を捜すことはセカンドオピニオン外来の主たる目的ではありません。
どんな時にセカンドオピニオンを頂戴するのが理にかなっていますか?
一般的には、より良い治療法を求めてセカンドオピニオンを依頼する方が多いと思います。また、主治医の治療法に不安や疑問を感じたり、治療を受けることに迷いを感じてセカンドオピニオンを求める方もいます。どんな時にセカンドオピニオンを得るのが理にかなっているかとのご質問ですが、セカンドオピニオンは患者様にとっても医師にとっても、色々な利点があると言う点が重要なポイントだと思います。患者様にとっては、セカンドオピニオンを聞くことで主治医の方針に納得できれば、現在の治療を安心して受けることができます。より良いと思われる別の治療法を選択するチャンスも得られます。誤診が発見されることもあります。一方、医師にとっては見落としのリスクを減らし、より良い治療方針を立てることに役立ちます。
セカンドオピニオンを他院で受けたい旨を告げて、かかりつけ医との関係が気まずくなるのではと心配です。
自分の命に関わる病気に関して、少しでも多くの情報を得たいという気持ちはあたり前のことで、患者様のことを第一に考えてくれる医師なら、必ず理解を示してくれるはずです。逆に、セカンドオピニオンを受けて、病気や治療法に関する理解が深まれば、それは結果的に医師との信頼関係を築くことにもなります。また、昨今、セカンドオピニオンを求めることは広く、日常的に行われるようになってきています。従って、セカンドオピニオンの目的は、診療内容をよく理解し、納得しておきたいからであることを、誠意をもって伝えれば、セカンドオピニオンを他院で受けたい旨を告げて、主治医との関係が気まずくなる心配はまずないと思います。
診療情報や画像の提供を上手にお願いするには、どんな風に話を進めれば良いのでしょうか?
誠意をもって主治医にお願いすることが大切です。主治医の立場からすると、医療情報提供書(紹介状)等の診療情報を作成するのは、大変な手間であり、診察以外のエクストラの時間を割いて作成しなくてはなりません。また、医療情報提供書に添える検査資料のまとめも必要となります。さらに、画像の提供には膨大な資料のコピーが必要なこともあります。このように診療情報や画像の準備は主治医に大変な負担をかけることを知っておく必要があります。従って、診療情報や画像の提出を上手にお願いするには、これらを当然の権利として求めるのではなくて、感謝の気持ちを伝えながら、誠意を持ってお願いすることが大切だと思います。
セカンドオピニオンで示唆された治療方針を、かかりつけ医に対してどのようにフィードバックするのでしょうか?医師から医師への書面ですか?
一般的には、主治医から提供された、「医療情報提供書」に対して「報告書」あるいは「お返事」と言う形で、書面でフィードバックします。書面の他に電話連絡をすることもありますが、その場合でも書面でフィードバックが行われます。
実際に貴院でセカンドオピニオン外来を受ける場合、どのような手順で診療が進むのか、解説をお願いします。
まず、予約センター(03-5545-8177)にお電話をください。そして、「セカンドオピニオン外来」を受診したい旨を受付に申し出てください。その際に病名と相談の内容(どのような内容のセカンドオピニオンを受けたいか)を伝えてください。例えば、診断に関するセカンドオピニオン、癌治療に関するセカンドオピニオン、食事療法のセカンドオピニオンなどです。そして、セカンドオピニオン外来を受診する日時を予約します。セカンドオピニオン外来を受診する日には、主治医に事前にお願いして作成した、医療情報提供書等の診療情報を必ず持参してセカンドオピニオン外来を受けてください。診療情報がない場合は改めてもう一度検査が必要になってしまいます。
かかりつけ医からの情報の他に、患者が準備できること・情報があればご指示ください。
セカンドオピニオンを求める前に、自分は主治医の説明を十分に理解しているかどうか、考えてください。もし、理解に不足があると思ったなら、主治医にもう一度説明を求め、意見を聞くことが大切です。また、セカンドオピニオンでは限られた時間内に重要な内容を話し合わなくてはいけません。疑問点をしっかり聞くためにも、病気のこれまでの経過と質問事項を自分自身でまとめてメモを作成しておくことも重要です。
セカンドオピニオン外来にいらっしゃる患者様には、どんな方が多いのでしょうか?偏り、傾向はありますか?
がんの種類としては、胃癌、大腸癌、肝臓癌、膵癌、胆管癌、膀胱癌、腎癌、前立腺癌、子宮癌、卵巣癌、乳癌等様々ですが、当院のセカンドオピニオン外来に来られる方は、より良い治療法を求めて受診される方が多いように思います。また、治療法に不安や疑問を感じたり、主治医からいくつかの治療法を説明され、どの治療法を受けるべきか迷ったり、あるいは治療を受けること自体に迷いを感じてセカンドオピニオン外来を受診される方も多いと思います。主治医から治療法がないと宣言を受けた方も受診されます。このような方には、高度先進医療として、大学病院や国の中核的病院や一部のクリニックのみで行われている治療法やその分野の専門家を紹介することがあります。また、保険制度の制約などのため、グローバルスタンダードの治療が日本では受けられないこともあります。その場合は自由診療の医療施設を紹介することもあります。

セカンドオピニオンに関する掲載記事

ご予約方法・お問い合わせ

がんセカンドオピニオン外来は、直通電話:03-5545-8177まで、お電話いただき、ご予約いただきますようお願いいたします。お問い合わせについても、お気軽にお電話ください。

診療時間

休診日:木曜、日曜、祝日

※当院ご受診の際、診察券をお持ちの方は窓口にご提示ください。
 なお、診察券の紛失等に伴う再発行につきましては、
 再発行手数料として、100円を徴収させていただいております。
※誠に申し訳ありませんが、当院では15歳以下のお子様の診察は行っておりません。
※診療の最終受付は、診療終了時間の10分前とさせていただきます。