東京都港区麻布十番1-11-1 エスティメゾン麻布十番 3階 麻布十番駅すぐ

当院までの交通・地図はこちら

麻布医院

医療法人社団Veritas Medical Partners

がん肝炎治療の名医がいるクリニック

東京都肝臓専門医療機関、Billingual Clinic(English,Japanese)


ご予約:電話(自動音声応答)03-4530-0277

左記バーコードで携帯・Webからもご予約いただけます。http://azabu.atat.jp

お問い合わせ・自由診療の予約:03-5545-8177 休診日:木曜、日曜、祝日

トップページ > 風疹ワクチン予防接種

風疹ワクチン予防接種

風疹ワクチン

風疹は発熱などの症状とほぼ同時に全身に発疹が出る感染症です。風疹に対して免疫をもっていれば風疹にかかることはありません。しかし、風疹に対して免疫がない場合、または充分な免疫がない場合は風疹にかかる可能性があります。

抗体を持たない女性が妊娠初期に風疹にかかると、赤ちゃんに先天性風疹症候群(難聴や心疾患、白内障や緑内障などの障害)を起こすことがあります。厚生労働省の調べによると、平成24年10月から平成26年2月までに42人の先天性風疹症候群の報告がありました。また、抗体があってもその量が少ない(抗体価が低い)場合も赤ちゃんに先天性風疹症候群を起こす可能性があります。

そのため、妊娠を予定している女性や妊娠を希望している女性は風疹ワクチンの予防接種を受ける必要があります。また、女性が妊娠している場合は、妊婦の周りにいる方(妊婦の夫あるいはパートナー、子ども、その他の同居家族)が風疹ワクチンの予防接種を受ける等の予防に努めることが大切です。

風疹ワクチンの対象者

風疹ワクチンの予防接種の対象者は、10代後半から40代の女性(特に、妊娠を予定あるいは希望している女性や妊娠する可能性の高い女性)、2.妊婦の夫あるいはパートナー、3.妊婦の子供や同居家族など身近にいる人、などです。

風疹ワクチンの予防接種をうけることにより、妊娠中の女性が風疹にかかることを予防し、また妊婦以外の方が妊婦に風疹をうつすことを予防できます。現在は、風疹ワクチンに麻疹(はしか)ワクチンを混合した、麻疹風疹混合ワクチン(MRワクチン)が定期の予防接種に用いられています。

風疹ワクチンの注意事項

妊娠中あるいは妊娠が不明の女性は風疹ワクチンを受けることができません。また、女性はワクチン接種後の2ヶ月間は妊娠を避けるように注意が必要です。しかし、妊娠中の女性がワクチンの接種をうけて、赤ちゃんに先天性風疹症候群が発症した報告はありませんので、ワクチン接種後に妊娠が判った場合でも心配はありません。

風疹抗体検査

風疹に対して免疫をもっていれば風疹にかかることはありません。しかし、風疹に対して免疫がない場合、または充分な免疫がない場合は風疹にかかる可能性があります。それを知るための検査が風疹抗体検査です。

風疹抗体検査の結果、抗体がない、あるいは抗体があってもその量が少ない(抗体価が低い)場合は風疹ワクチンの予防接種を受けて、風疹に対して免疫をつける必要があります。

また、妊娠している女性あるいは妊娠が不明の女性は風疹ワクチンを受けることができません。風疹抗体がない、あるいは抗体価が低い場合は、風疹に感染する可能性がありますので、可能な限り人混みを避け、不要不急の外出を控えるようにする必要があります。また、妊婦の周りにいる方(妊婦の夫やパートナー、子ども、その他の同居家族等)は、風疹ワクチンを受ける等の予防に努めることが大切です。

最近の風疹の特徴

風疹は咳やくしゃみなどで風疹ウイルスが感染して起こります。「三日はしか」とも呼ばれ、子供がよく罹る病気と考えられていました。しかし、最近は風疹にかかるのは9割が大人で、免疫を持っていない20代~40代の男性や20代の女性を中心に患者数が増えています。

風疹の流行時期は、季節的には春から初夏にかけてが多いとされています。しかし、冬にも少ないながらも発生しています。厚生労働省の調べによると、平成25年には累計14,357例の感染報告があり、平成20年以降では最も多い報告数となっています。

予防接種の費用

  • 風疹ワクチン 6,480円
    港区が発行する「風しん任意予防接種予診票」をご持参いただいた患者様の場合は、区から3,000円の助成金が交付されますので、3,480円が患者様負担となります。
  • 麻疹風疹混合ワクチン(MRワクチン) 9,720円
    港区が発行する「風しん任意予防接種予診票」をご持参いただいた患者様の場合は、区から6,000円の助成金が交付されますので、3,720円が患者様負担となります。

港区による成人の風疹予防接種費用の一部助成(港区独自事業)

港区では、地域での風疹の流行を防ぎ、妊娠中の女性とその子供たちの健康を守るための対策として、成人の風疹予防接種費用の一部助成を実施しております。対象となる区民の皆様は、港区(みなと保健所保健予防課:03-6400-0081)にお問い合わせいただき、区から発行される「風しん任意予防接種予診票」をご準備のうえ、当院にお電話ください。
また、助成金の概要については、港区HP(http://www.city.minato.tokyo.jp)からも確認いただけます。

【助成対象者】
接種日現在、19歳以上の港区民である方のうち、風疹抗体検査の結果、「風疹抗体がない」、あるいは「抗体価が低い」と診断された方(詳しくは、港区(みなと保健所保健予防課:03-6400-0081)にお問い合わせください)

【助成期間】
平成28年4月1日から平成29年3月31日まで

当院の治療方針

当院では風疹ワクチンの予防接種と抗体検査を常時行っております。抗体価(麻疹ウイルス、風疹ウイルス)の検査を行い、ワクチン接種が必要か否かを判断し、アドバイスいたします。また、ワクチン接種後に充分な免疫が出来ているかどうかを判定するための、抗体価の検査も行っています。わかりやすい説明と最良の治療を心がけております。些細なことでも気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。

ご予約方法・お問い合わせ

風疹ワクチンの予防接種をご希望の患者様は、当院代表電話03-5545-8177までご連絡ください。その他、ご不明点等のお問い合わせについても、お気軽にお電話ください。

診療時間

休診日:木曜、日曜、祝日

※当院ご受診の際、診察券をお持ちの方は窓口にご提示ください。
 なお、診察券の紛失等に伴う再発行につきましては、
 再発行手数料として、100円を徴収させていただいております。
※誠に申し訳ありませんが、当院では15歳以下のお子様の診察は行っておりません。
※診療の最終受付は、診療終了時間の10分前とさせていただきます。